蓮の花うた♪

蓮井美加が日々思うことや、パリでのエピソード等を、本人が撮影した写真と共に書きつづるもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イタリア ~ローマ編2~

 

 

 

 スーパーの他にも、必ず探して行くところがある。

それは、「お茶専門店」。

イタリアは水が硬水で、石灰分が多く含まれているので、

なかなか、おいしいお茶が普及しないとのこと。

コーヒーエスプレッソなどが飲まれているのも、水の影響をお茶の葉ほど受けないからだとか。

そんな過酷な市場の中でも、「お茶専門店」としてたくましくやっているお店、かなり興味がある。

たずねたのは、ローマ市内でも、茶葉の品質がよく、丁寧に説明をしてくれるという専門店。

 

 

 

 

 

011

 入口の小さな看板の、急須も茶杯も「蓮模様!」

のっけからもう!素敵すぎ!

日本の茶缶まである!

 

 

 

 

 

 

 

 016


中国をはじめ、アジアの茶器が品良く並べられている。

 看板の「Te」。イタリア語で「茶」のこと。

日本やインド、ペルシャなどでは「Cha」、  アメリカやイギリスは「Tea」、

フランスでは「The」、 その他、「Thea」や、「Thee」、「Chai」と言う国もある。

茶は、中国でうまれ、シルクロードから世界中を旅する間に、

偶然がかさなり、発酵も進み、様々なお茶に変化して、

飲み方もその国ごとの、文化になっていった。

こうして外国で茶に遇うと、その歴史を旅することも出来る。

 

 

 

 

 

 

 

 012

015

 

 


 

 

 

 

 

 

アジアのものを、ヨーロッパの人が、丁寧に扱ってくれているのは嬉しい。

018

 

 

 

 

 

「すっごく、かわいい湯飲みが日本から届いたのよ!」と、見せてくれた湯飲みには、

「居酒屋・焼き鳥・もつ鍋・おでん・焼酎」と描かれていた・・・。

確かに、ポップな字体だったけれど・・・。漢字が珍しかったんだろうなあ・・・・。ふふふ。

019

 

 

 

あなたも、海外で「お酒」もいいけれど、「お茶け」にトライしてみては?

 

 

*撮影場所* subete・イタリアローマ・CP

スポンサーサイト
  1. 2007/05/04(金) 00:00:00|
  2. 未分類

プロフィール

hasukuibito.mika

Author:hasukuibito.mika
蓮井美加へ、ようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールはこちらへ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。