蓮の花うた♪

蓮井美加が日々思うことや、パリでのエピソード等を、本人が撮影した写真と共に書きつづるもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

La mer (海) 2009~3

 

 

この日は、あいにくの風。

でも、友人のM子ちゃんと私のために、みんなで船を沖まで出してくれた。

 

 

DSCF0087.jpg 

 

この帆を張ったところを見られるのだが・・・。

それはそれは・・・凄まじい体験だった・・・。

 

今まで私が知ってた波ってもんじゃなく、なんというか、あれは・・・山だ。

とてもカメラを手にする事はできなかった。だから、画像はない・・・。

だって!船の外に投げ出されないように、つかまっているのに精一杯なんだもの!!!

 

・・・私は、モーゼの十戒の気分を味わった。

大波と大波の狭間に船が沈んだとき、波の壁に挟まれて周りの景色は360度・・・波。

空が小さく頭上に広がるだけなのだ!

でも、船はビクともしなかった!どんなに傾いても傾いても、倒れない!

これでもか~っ!!!と押し寄せてくる波をじゃんじゃん越えて、どんどん進む!!!

ひゃっほ~っ!エキサイティング~!!!

 

何度も波をかぶってずぶぬれなんだけど、面白いのなんのって!!!

声がかれるほど、奇声?喜声?を発してしまう。

 

 

そんな状態がどのくらい続いたんだろう・・・

踏ん張っていた身体の筋肉も慣れてきて、ちゃんと目も開けていられるようになってきて、

周りはしっかり見えているんだけど、頭がぼ~っとしてきた。

だんだん時間も空間もわからなくなって、ただただ大揺れの中、灰色の水の山と自分だけ・・・。

ふと、頭の中に聞こえてきたのは、、、

 

 

 

ダミアが歌った「かもめ」。

 

遠い海原で命をなくした水夫は、袋に入れられ、逆巻く波間に流される。

水夫の骸は石ころのように沈んで、大暗く冷たい岩間の墓場に葬られる。

高くまた低く鳴きながら飛ぶかもめは、優しい翼で水夫の心を慰める。

水夫の魂はかもめと一つにとけ合い、果てしない海原あちらこちらと飛びまわる。

だから、かもめを殺してはいけない。

なぜなら・・・かもめは死んだ水夫の、魂だから・・。

 

とても、古いシャンソンだけれど、私は大好きで日本語とフランス語で歌っている。

歌う時、今まで訪ねた海や、映画で観た海、本で読んだ海などをイメージしていたけど、

やっと、これだ!という海に出会えたような気がした。

 

 

DSCF0100_20090730185204.jpg

 

 

*撮影場所* 太平洋

スポンサーサイト
  1. 2009/07/31(金) 00:00:00|
  2. 日常

プロフィール

hasukuibito.mika

Author:hasukuibito.mika
蓮井美加へ、ようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールはこちらへ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。