蓮の花うた♪

蓮井美加が日々思うことや、パリでのエピソード等を、本人が撮影した写真と共に書きつづるもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラオス写真記・散歩編(古い建物)

 

 

ラオスは、フランスの植民地だったことがある。

フランス語を学び始めた私は、いっしょに旅するNPOのメンバーからそう聞いて、

私は、ワクワクしながら街を歩いた。

「どこかに、フランス語表記はないかな~♪」

 

P8204612.jpg

 

でも、私の心の中の♪マークは、こうした昔のフランスを感じさせる古い建物に出会う度に、

そっと消えていった。

 

パリでも、かなり古い建物が未だに普通に民家として使われている。

お世話になった、C.Tさんのお宅の敷地内の階段は17世紀に作られたと聞いたし。

そこに暮らしてきた人々が受け入れ、維持し守ってきたからこそ風景に溶け込んでいるのだろう。

 

でも・・・

 

 

 

 

P8204627.jpg

 

 

 

ラオスに残っている、植民地時代の名残りのこうした建物は、なんていうか・・・

気持ち悪い残り方をしている。

枠組みは、フランスなんだけど、完璧にラオスの土地が、人が、否定していて、

中身は圧倒的に現地色。 とにかく、アンバランスなのだ。

 

 

 

P8204610.jpg

 

 

 

ベルサイユ宮殿に、桃太郎のおじいさんとおばあさんが住む・・・みたいな・・・。

茅葺き屋根に、マリーアントワネットがいて、囲炉裏で魚を焼く・・・みたいな・・・。

 

 

 

P8204615.jpg

 

無邪気に、フランス語表記を探していた私が、ちょっとバカだったなと思った。

 

 

*撮影場所* ラオス、ビェンチャン市内。

スポンサーサイト
  1. 2008/02/20(水) 00:00:00|
  2. ラオス写真記

プロフィール

hasukuibito.mika

Author:hasukuibito.mika
蓮井美加へ、ようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールはこちらへ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。